佐賀の旅

九州の旅

佐賀県

佐賀県には凄いものがあります。ひとつは400年の歴史を持つ、日本の磁器の起源となった「有田焼」です。有田焼の原料となる陶石の採掘場「泉山磁石場(国指定史跡)」は、NHK番組「ブラタモリ」でも紹介され、世間の耳目を集めました。もうひとつは、邪馬台国の九州説の最大の候補地でもある「吉野ヶ里遺跡」です。弥生時代中期から後期(AD200年頃)にかけての古代遺跡で、外敵から集落を守る、堀で囲まれた大規模な環濠集落であったことが発掘調査からわかっています。そのほか、佐賀市から車で約1時間にある、嬉野(うれしの)温泉は、日本三大美肌の湯にも数えられ、特にシニア層には絶大な人気を博す温泉地として有名です。

■佐賀旅行

■おすすめ観光スポット

吉野ヶ里遺跡 吉野ヶ里遺跡は、推定延長2.5kmの壕に囲まれた日本最大級の環壕集落(かんごうしゅうらく)跡です。外敵の進入を防ぐために壕の内外に土塁や逆茂木(さかもぎ)が施工されていたと考えられ、それが再現されています。南内郭は、周囲の「ムラ」を治めていた王や階層の高い人々が住んでいた場所と考えられており、「王の家」「集会の館」などの建物や、敵を見張る物見櫓も再現されています。物見櫓は実際に上ることができ、吉野ヶ里集落が一望できるお勧めの場所です。南内郭の北側にある北内郭には、3層構造の吉野ヶ里遺跡の中で最大規模の建造物「主祭殿」が建っています。主祭殿の二階は、指導者層の人たちの会議の場所と考えられ、三階は、祖先や神様の声を聞くことができる特殊能力を持った最高司祭者がいる場所と考えられています。吉野ヶ里遺跡の中で一番の見所は丘のように見える「北墳丘墓(ふんきゅうぼ)」です。墓の正面には「立柱」と呼ばれる柱が立っていて、祖先の霊が宿る柱と考えられていたそうです。この墓から出土した甕棺(かめかん)の中には人骨と一緒に勾玉や管玉などの装飾品、銅剣や織物などが埋葬されており、吉野ヶ里集落の歴代の王が埋葬されている墓と考えられています。
吉野ヶ里歴史公園サイト

七ツ釜 佐賀県唐津市にある「七ツ釜(ななつがま)」は、国の天然記念物に指定されている洞窟で、珍しい柱のような岩石が断崖まで幾層にも積み重なってできています。火山によって流れ出したマグマが玄武岩(げんぶがん)となり、さらに海水で急速に冷却されたことで、五角形や六角形の柱状に固まる柱状節理(ちゅうじょうせつり)という珍しい奇岩石に変わりました。そして、玄海灘の荒波がその玄武岩を浸食し、現代の海から続く海食洞窟を形成したとされています。玄界灘の荒波に深くえぐられたその断崖には、「七ツ釜」の名称の通り、7つの洞窟が釜のように並び、青い海が洞窟の中まで続いています。海からは遊覧船での洞窟見学ができ、陸からは「七ツ釜」の上にある玄海国定公園の遊歩道や展望台から、その神秘的な様子を見学することができます。
七ツ釜のご案内サイト

御船山楽園 佐賀県武雄市のシンボル御船山(みふねやま)は、300万年前に有明海から隆起して生まれた山です。切り立った岩肌の裾野には創建735年の歴史を持つ「武雄神社」と樹齢3千年のご神木「武雄の大楠」があり、パワースポットとしても人気です。御船山楽園は、その武雄の大楠の南側に広がる歴史ある庭園です。約1300年前に、後に奈良の大仏を作ることになる名僧行基が入山し、彫ったとされる多くの阿羅漢が安置されています。また、江戸時代後期には第28代武雄領主の鍋島茂義公が「武雄の大楠」につながる南側の山麓に、15万坪の御船山楽園をおよそ3年の月日をかけて造園しています。ハート形の鏡池を持つ回遊式庭園には、開園から170年以上たった現在も、桜・ツツジ・藤をはじめとした数十万本の花々が四季折々の風景を彩り、来訪者の目を楽しませてくれています。そのやわらかな美肌の湯を堪能できる「御船山楽園ホテル」は、1966年に誕生し、国指定記念物の名園とチームラボによるアート作品を満喫できる唯一無二のホテルです。
御船山楽園公式サイト

唐津城 唐津城は、豊臣秀吉の家臣、寺沢広高(てらざわ ひろたか)によって1602年から7年の歳月を費やして築城されました。東西に伸びる松原が両翼を広げた鶴のように見えることから、別名「舞鶴城」と呼ばれています。その城主には寺沢、大久保、松平、土井、水野、小笠原の諸氏が任ぜられています。築城当初は天守閣はなく、昭和41年(1966年)に文化観光施設として、天守閣は建てられました。天守閣内は郷土博物館になっており、唐津藩の資料や唐津焼などが展示され、唐津の歴史に触れることができます。また、展望所からは玄界灘と虹の松原の雄大な景観や、松浦川と城下町唐津の風景を見ることができます。
唐津観光協会サイト

祐徳稲荷神社 祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)は、京都の伏見稲荷大社、茨城の笠間稲荷神社と共に「日本三大稲荷」に数えられています。年間300万人の参詣者が訪れる、佐賀県のみならず九州を代表する神社です。主祭神は倉稲魂神(うがのみたまのおおかみ)・大宮売神(おおみやのめのおおかみ)・猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)で、三神は稲荷大神と総称され、商売繁盛、家運繁栄、縁結びなど、衣食住全般を司る神様として、江戸時代から庶民の崇敬を受けています。総漆塗りの極彩色の楼門、そしてきらびやかな本殿は「鎮西日光(ちんぜいにっこう)/九州の日光東照宮」と称されるほどの美しさです。また通常の神社とは異なり、山の斜面に組み上げられた高楼建築で、本殿はかなりの高台に建てられています。その高さは京都の清水寺の舞台よりも高いと言われており、階段で上るほか、本殿の北側にそびえたつ高さ20mの塔(エレベーター)を利用して本殿に上がることができます。本殿参拝後、体力のある方は、奥の院の参拝もお勧めです。本殿から奥の院までの道のりは、およそ250mで、20~30分程かかります。
祐徳稲荷神社サイト



■観光案内ガイド

佐賀市のホテル

古湯温泉ONCRI/おんくり
佐賀市
「ONCRI/おんくり」とは、頂戴したご恩を誰かに送る、その方がまた誰かに・・・という、「恩送り」「感謝の連鎖」を意味します。古くから湯治湯・佐賀の奥座敷・別名「美人の湯」として親しまれ、多くの文化人も訪れた由緒ある古湯温泉の旅館です。和のテイストを保ちながらも、ブラック、ブラウンを基調としモダンで落ち着いた雰囲気がそこかしこにあります。温泉の湯船は男女あわせて15種類。地元の旬を活かした彩り豊かな料理を是非ご賞味ください。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR長崎本線「佐賀駅」→車で約40分/佐賀駅からホテルまでの無料の送迎バスあり
  • 所在地:〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町大字古湯556
  • 公式サイト:https://oncri.com/
アパホテル佐賀駅南口
佐賀市
JR佐賀駅より徒歩3分の好立地に位置し、清潔な客室をご用意し、ビジネス・観光の拠点として皆様をあたたかくお迎えいたしております。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR長崎本線「佐賀駅」(南口)→徒歩3分
  • 所在地:〒840-0801 佐賀県佐賀市駅前中央1-164
  • 公式サイト:https://www.apahotel.com/hotel/kyushu/sagaeki-minamiguchi/

嬉野市のホテル

萬象閣 敷島(しきしま)
嬉野温泉
西館は2016年OPENの和洋室。東館は2名で入浴できる露天風呂付和洋室。そして日本三大美肌の湯を堪能。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:10:30
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR佐世保線武雄温泉駅→バス嬉野温泉行き約30分、嬉野温泉下車→徒歩約6分またはタクシー約3分
  • 所在地:〒843-0304 佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲114-1
  • 公式サイト:http://bansyoukaku-sikisima.co.jp/
大正屋(たいしょうや)
嬉野温泉
大正14年創業。街中に位置しながら杉の木立に囲まれた静かな純日本風の旅館。大浴場四季の湯・滝の湯はゆっくりと旅の趣にひたることができます。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:10:00
  • 設備:大浴場・温泉・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR佐世保本線武雄温泉駅南出口→バス嬉野温泉行き約30分、嬉野温泉終点下車→徒歩約2分
  • 所在地:〒843-0304 佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲114-1
  • 公式サイト:https://www.taishoya.com/

唐津市のホテル

唐津シーサイドホテル
唐津市
白い砂浜と緑の松原が長い孤を描く。虹の松原の黒松の林が行き着く所に佇むホテル。心のこもったお料理と静かな静かなひとときがお待ちしています。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR筑肥線東唐津駅→徒歩約20分またはタクシー約3分
  • 所在地:〒847-0017 佐賀県唐津市東唐津4-182
  • 公式サイト:https://www.seaside.karatsu.saga.jp/

ご予約・お問合せは

東京本社

 03-6380-1155

月-金:09:00~19:00
土日祝:10:00~17:00

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-28-4
YKBエンサインビル 11F

現在、コロナ感染症対策の為、出勤社員数を制限しております。
お電話がつながりにくい場合、またご回答が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
※現在コロナウイルス対策により、「土日祝」の営業を休業しております。