青森の旅

青森の旅

青森県

海と山に恵まれた青森県は、津軽国定公園の千畳敷、下北半島の仏ヶ浦など海岸の景勝地をはじめ、世界遺産である白神山地のほか、八甲田山、十和田湖・奥入瀬渓流、小川原湖など、変化に富んだ自然に囲まれています。良質の温泉も数多く、名湯・秘湯といわれる温泉が県内に点在しています。また、青森県は縄文時代遺跡の宝庫で、津軽地方で発見された三内丸山遺跡や亀ヶ岡遺跡など、旧跡名所がたくさんあります。一方、青森県といえば「ねぶた・ねぷた祭」が有名で、毎年8月になると青森市や弘前市などの津軽地方一円や、下北地方の各地で「ねぶた・ねぷた」祭が行なわれています。そして、言わずと知れた日本屈指の霊場、比叡山や高野山と並び日本三大霊山の一つとされる「恐山(おそれざん)」(下北半島)があります。

■おすすめ観光スポット

十和田湖/奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう) 十和田湖は活火山の十和田火山の火山活動でできた湖です。5つの観光エリアがありますが、一番人気は「奥入瀬渓流エリア」です。奥入瀬渓流は十和田湖東岸の子ノ口(ねのくち)から北東に、焼山(やけやま)までの約14kmにわたる奥入瀬川の渓流で、渓流沿いの散策路は「車道」と「歩道」の2種類が完備されています。
【ハイキングの楽しみ方】
奥入瀬の渓流ハイキングは、流れてくる川を眺めながら、下流から上流に向かって歩くのがお勧めです。下流の出発点は、焼山です。焼山には「奥入瀬渓流館及び湧水館」と「渓流の駅 おいらせ」に無料駐車場があり、車はここに駐車して、終点の子ノ口を目指します。終点の子ノ口から出発点の焼山へはバスに乗って戻ります。行程は約14kmあり、およそ4時間~5時間かかります。遊歩道は整備されていますので、登山靴は不要で、歩きやすい スニーカー等がお勧めです。焼山から石ヶ戸(いしけど)の手前の「三乱の流れ(さみだれのながれ)」までは、穏やかな流れで静かでのんびりとした散策が楽しめます。三乱の流れからは、流れに緩急の差がダイナミックになり、渓流の静と動のコントラストがが楽しめます。特に石ヶ戸から「玉簾の滝(たまだれのたき)」までの間は、奥入瀬渓流のポスターなどでよく目にする「阿修羅の流れ」や「白銀の流れ(しろがねのながれ)」など、流れの激しい人気スポットが目白押しとなります。
●十和田湖畔散策マップ(地域別・目的別)>>
●「奥入瀬渓流エリア」スケッチマップ>>

白神山地/十二湖(じゅうにこ) 白神山地は、1000m級の山々が連なり、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる約13万ヘクタールもある広大な山岳地帯です。原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布していることから、1993年に日本で初めて「世界自然遺産」に登録されました。宮崎駿監督のジブリ映画「もののけ姫」の舞台として、屋久島とともにモデルになったことでも有名です。十二湖は、標高150m~250mの起伏の多い台地に点在する、33湖沼群の総称で、大崩(おおくずれ)の展望地から見下ろすと12の池が見えるので十二湖と呼ばれています。
【十二湖散策おすすめコース】
十二湖散策コースのスタート地点は、JR十二湖駅から車で約15分にある、「森の物産館キョロロ」です。池の形が鶏のトサカの形をしている「鶏頭場の池(けとばのいけ)」の岸を歩き、階段を上ると10分ほどで、神秘的な群青色をした「青池(あおいけ)」に到着。青池の青さがもっとも映えるのは、晴れの日で絶妙な光が差し込む午前11時前後とされています。青池から階段を登った先に現れるのが「ブナ自然林」で、その先15分ほど歩くと、「沸壺の池(わきつぼのいけ)」があります。池のほとりの木々の根元などから水が湧き出ていて、これが名前の由来と考えられています。水深が青池より浅いため透明度が高く、水底まで見えています。沸壺の池から約250m離れた車道脇に、「平成の名水百選」に選ばれている「沸壺池の清水」で点てたお抹茶とお茶菓子がいただける「十二湖庵」があります。足休めとしてしばしご休息をお愉しみください。十二湖庵の前にある「落口の池(おちぐちのいけ)」を堪能してから車道を上ると、散策コース出発点の駐車場に戻ります。一周およそ1時間~1時間30分です。
●十二湖散策マップ>>
●十二湖散策の風景(アオーネ白神十二湖より)>>

弘前公園 弘前公園は、弘前藩主津軽家の代々の居城、弘前城の敷地に広がっています。園内のシンボルである三層の天守は、江戸時代に築かれ現在までその姿を留める、全国でも数少ない貴重な建築物です。城門や櫓、濠など当時を偲ばせるたくさんの遺構や、春のさくらまつり、秋の紅葉まつり、冬の雪燈籠まつりなど、 季節に合わせて様々なイベントが催される、弘前市民の憩いの場となっています。
【弘前城】
津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって慶長8年(1603年)に計画され、二代目信枚(のぶひら)が慶長15年(1610年)、築城に着手し、翌16年に完成しました。以後、弘前城は津軽氏の居城として、廃藩に到るまでの260年間、津軽藩政の中心地として使用されました。弘前城は、東西約600m、南北約1000m、面積約50haの中に、三重の濠(ほり)と土塁(どるい)に囲まれた6つの郭(くるわ)から構成されています。城内には、天守閣、櫓(やぐら)3棟、城門5棟が残され、いずれも重要文化財に指定されています。また、城跡は築城当初の形態が良くのこされており、昭和27年に国の史跡として指定を受けました。
●弘前公園のみどころ>>

青森ねぶた祭 「青森ねぶた祭」は、人口30万人の青森市で、8月の初旬(8月2~7日)の6日間に、のべ300万人以上の観光客が集まるお祭りです。最大のものになると幅約9m、高さ約5m、奥行き約8m、重さ約4トンという巨大な像の載った山車が市内の大通りを練り歩きます。装飾に使われる電球の数は600~800個ほど、総容量にして2万キロワットにもなり、回転したり前後にうねったりしながら、光り輝く透過体となって目抜き通りを突き進んでいく様は、とても幻想的です。
ねぶた祭りは、もとはお盆の「灯籠流し」や「七夕祭り」から始まったといわれています。現在のように決まったルートで大型運行されるようになる前は、門戸を訪れた人々、特に子供たちがその家の人々にむかってロウソクやお菓子、振る舞い酒、はたまた祭りの寄付金などをねだる際に「出せ出せ、いっぺぇ(いっぱい)出せ」と調子をつけた掛け声をかけていました。それが次第に変化して、「らっせ、アー(掛け声)、らっせー」となり、いつしか「ラッセーラー、ラッセーラー」という、今のような形になったといわれています。「青森ねぶた祭」のほか、弘前市の「弘前ねぷたまつり」、五所川原市の「五所川原立佞武多(たちねぷた)」を合わせて、3大ねぶた祭りと呼ばれています。
●青森ねぶた祭・公式サイト>>

三内丸山遺跡(さんないまるやま) 三内丸山遺跡は、今から約5900年前~4200年前の縄文時代の集落跡で、日本最大級とされています。新青森駅から車で約10分に位置し、遺跡には、竪穴住居跡、掘立柱建物跡などのほかに、ゴミ捨て場、大人・子どもの墓などがあり、集落の形成や規律をもって生活していた様子が見られます。遺跡は自由見学で要所には案内板もありますが、無料の定時ガイド(ボランティアガイド)に案内していただくことをお勧めします(所要時間は1時間程度)。
●三内丸山遺跡(施設のご案内)>>



■観光案内ガイド

奥入瀬渓流周辺のホテル

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
奥入瀬
日本屈指の景勝地・奥入瀬渓流の畔に建つ唯一のリゾートホテル。渓流散策の拠点や奥入瀬の一番美しい朝のひとときを満喫できるプログラムが満載です。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR東北新幹線新八戸駅西口→バスおいらせ号八戸から十和田湖行き約90分焼山(奥入瀬渓流ホテル)下車→徒歩約1分
  • 所在地:〒034-0301 青森県十和田市奥瀬栃久保231
  • 公式サイト:https://www.oirase-keiryuu.jp/
奥入瀬 森のホテル
奥入瀬
「あなたの大切な人に、最高のおもてなしを」。「食旅」という新たな旅のスタイルを通して、大切なひととの想い出創りの演出が、当ホテルの掲げるコンセプトです。デイタイムは奥入瀬渓流の木々の緑の中で癒され、散策に疲れたらホッと一息カフェラウンジへ。そして、ディナータイムには、奥入瀬 森のホテルオリジナルのお箸で食べるコース「奥入瀬キュイジーヌ」を。食後は露天風呂で疲れを癒し、ごゆっくりお過ごしください。一日を通して、「自然」という、一番のご馳走を堪能。奥入瀬の雄大な自然の恵みを五感で味わう、そんな贅沢を、心をこめて提供します。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・駐車場あり
  • アクセス:JR東北新幹線八戸駅→JRバス東北十和田湖行き約80分十和田湖温泉郷下車→徒歩約13分
  • 所在地:〒034-0303 青森県十和田市法量焼山36-20
  • 公式サイト:http://www.morino-hotel.com/

八甲田周辺のホテル

蔦温泉旅館(つたおんせん)
八甲田
奥入瀬渓流の入口からほど近い一軒宿。平安時代、久安三年(1147年)にはすでに湯治場があったとされ、多くの人々に愛されています。湯船の底板からぷくぷくと湧き出ている「源泉湧き流しの湯」は体を芯から温めてくれます。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:10:00
  • 設備:大浴場・温泉・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR東北新幹線新青森駅東口出口→JRバスみずうみ号十和田湖行き約110分、蔦温泉下車→徒歩約0分
  • 所在地:〒034-0301 青森県十和田市奥瀬蔦野湯1
  • 公式サイト:https://tsutaonsen.com/
HOTEL jogakura (ホテル城ヶ倉)
八甲田
八甲田山の西側、城ヶ倉大橋の近く、八甲田のブナ原生林に囲まれた北欧風マウンテンリゾートホテルです。雄大な自然の景観に恵まれ、十和田湖、奥入瀬渓流へアクセス良好で、四季折々のリゾートスタイルを愉しむ拠点に最適なホテルです。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:14:00/チェックアウト:10:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR東北青森駅東出口→バス十和田ゴールドライン十和田湖行き約60分、城ヶ倉温泉下車→徒歩約1分
  • 所在地:〒030-0111 青森県青森市荒川八甲田山中
  • 公式サイト:https://www.jogakura.com/
酸ヶ湯温泉旅館
八甲田
酸ヶ湯温泉旅館は国民保養温泉地第1号に指定されていて、湯治としては有名な宿です。客室も一般旅行者向けの「旅館棟」と長期滞在者向けの「湯治棟」に分かれ、旅館料理と湯治膳に別れています。国立公園内八甲田山中にあり、十和田湖・津軽下北半島への観光の拠点です。「ヒバ千人風呂」と呼ばれる混浴の大浴場が有名です。酸ヶ湯が発見されたのは今から約300年前のこと。鹿が湯に浸かり傷を癒していたことから「鹿湯」と呼ばれたのが名前の由来です。その後、酸性の強い湯であることから「酢ヶ湯」「酸ヶ湯」とその名は変わっていきました。筋肉痛や関節痛、冷え性、疲労回復など、さまざまな体の不調に効果が期待できる「療養に適した温泉」と言われています
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:10:00
  • 設備:大浴場・温泉・駐車場あり
  • アクセス:JR東北線青森駅→JRバス青森及び新青森から十和田湖行き約70分、酸ヶ湯温泉下車→徒歩約1分
  • 所在地:〒030-0197 青森県青森市荒川南荒川山 国有林 小字酸湯沢50
  • 公式サイト:https://www.sukayu.jp/

十二湖周辺のホテル

アオーネ白神十二湖
深浦町
白神山地の主峰白神岳・十二湖の麓に位置し、トレッキングの拠点に最適。宿泊棟のログコテージはフィンランド産でゆとりのある造り。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:10:00
  • 設備:大浴場・温泉・駐車場あり
  • アクセス:JR五能線十二湖駅→徒歩約30分またはタクシー約3分
  • 所在地:〒038-2206 青森県西津軽郡深浦町大字松神字下浜松14
  • 公式サイト:https://shirakami-jyuniko.jp/

弘前市内のホテル

アートホテル 弘前シティ
弘前市
JR弘前駅前に位置し、観光やビジネスに最適です。全室Wi-Fi無料、シモンズベッド完備、地元食材を使用したバラエティ豊かな朝食もおすすめです
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:14:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR奥羽線弘前駅中央出口→徒歩1分
  • 所在地:〒036-8004 青森県弘前市大町1-1-2
  • 公式サイト:https://www.art-hirosaki-city.com/
天然温泉 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前
弘前市
ハッピーアワーで夜鳴きそば時間帯はアルコール無料。天然温泉大浴場、高温サウナ(男性限定TV付)完備で心身ともに整います。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR弘前駅→100円循環バス土手町循環行き約15分、本町下車→徒歩約1分
  • 所在地:〒036-8203 青森県弘前市本町71-1
  • 公式サイト:https://www.hotespa.net/hotels/hirosaki/
弘前パークホテル
弘前市
弘前の中心街の土手町にあり、ビジネス・観光拠点として便利。弘前駅・弘前公園へいずれも徒歩15分。弘前ねぷた祭りの運行ルートの通り沿いでもあります。また飲食店が立ち並ぶ鍛冶町にも徒歩圏内です。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:14:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:JR奥羽本線弘前駅中央口出口→徒歩約12分またはタクシー約5分
  • 所在地:〒036-8182 青森県弘前市土手町126
  • 公式サイト:https://www.imgnjp.com/hiro_park/

青森市内のホテル

ホテル青森
青森市
伝統と格式のあるラグジュアリーホテルです。市内トップクラスの広さを誇る客室からは雄大な陸奥湾や八甲田山が望めます。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:14:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:青森空港→バスで青森駅行き約35分、青森駅下車→タクシー約5分
  • 所在地:〒030-0812 青森県青森市堤町1-1-23
  • 公式サイト:https://www.hotelaomori.co.jp/
ダイワロイネットホテル青森
青森市
JR青森駅から東に徒歩約5分、新町通り沿いの好立地にあります。この通りはしんまち商店街となっており、夏はねぶた祭り、冬には雪だるまロードが開催され、四季折々のイベントを間近で楽しむことが出来ます。青森ベイエリアもすぐ近く、青森県観光物産館アスパムへも徒歩約4分。ホテルの海側上層階の部屋からは、青森湾を一望することが出来ます。全室トイレ・バスルームが別々のセミセパレートタイプです。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:14:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:青森空港→バスで青森駅行き約35分、青森駅下車→徒歩約1分
  • 所在地:〒030-0801 青森県青森市新町1-11-16
  • 公式サイト:https://www.daiwaroynet.jp/aomori/
ホテルサンルート青森
青森市
ホテルサンルート青森は青森駅から徒歩4分の場所に位置し、館内全域での無料WiFi、敷地内の専用駐車場(有料)を提供しています。コンビニまで徒歩1分以内、デパートとアウガ新鮮市場まで徒歩5分以内です。朝食会場の11階レストランから眺める陸奥湾は絶景です。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:14:00/チェックアウト:11:00
  • 設備:無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:青森空港→バスで青森駅行き約35分、青森駅下車→徒歩約4分
  • 所在地:〒030-0801 青森県青森市新町1-9-8
  • 公式サイト:https://sunroute-aomori.com/

三沢市内のホテル

星野リゾート 青森屋
三沢市
青森の魅力をまるごと体感いただける温泉旅館。青森ねぶた祭りのショーレストランや源泉かけ流しの露天風呂など旅を彩る感動が満載です。
  • タイプ:部屋指定なし
  • チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
  • 設備:大浴場・温泉・露天風呂・無線LAN・駐車場あり
  • アクセス:私鉄青い森鉄道三沢駅→徒歩約15分またはタクシー約3分
  • 所在地:〒033-0044 青森県三沢市字古間木山56
  • 公式サイト:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

ご予約・お問合せは

東京本社

 03-6380-1155

月-金:09:00~19:00
土日祝:10:00~17:00

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-28-4
YKBエンサインビル 11F

現在、コロナ感染症対策の為、出勤社員数を制限しております。
お電話がつながりにくい場合、またご回答が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
※現在コロナウイルス対策により、「土日祝」の営業を休業しております。