カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

格安旅行のカモメトラベル > 【アンコール旅行はこんなに安い!】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! アンコールワットの格安ツアー・格安航空券

シェムリアップ・アンコールワット旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

アンコールワット

カンボジアと言えば国の名前よりも、そして首都プノンペンよりも有名なのがアンコールワットの遺跡です。この遺跡こそが、カンボジアを世界有数の観光地にしています。そのアンコールワット観光の拠点となる街がシェムリアップです。アンコール遺跡群はあまりにも巨大で見どころが多いため一日で巡ることは不可能です! シェムリアップのホテルに数日間滞在してじっくり制覇するのがオススメですよ♪

あなたのご希望に合わせてツアーのホテル変更や延泊など予算に合う旅行プランをお見積もり !!
個人旅行も、社員旅行・学生旅行もおまかせ♪

あのホテルがいいんだけど...延泊もしたいな...

シェムリアップ [シェムリアップ州]

シェムリアップ(アンコール)の基本情報

人口
17万人
フライト
所要時間
概要

カンボジアの世界遺産であるアンコール遺跡群の観光拠点の都市である。遺跡の時代にはアンコール王国の門前町として栄えていたが現在はカンボジア一の観光都市として世界中から旅行者を集めている。街の中心をシェムリアップ川が流れており、街の機能の中心は川の西側地区であるが最近は東側地区にも外国人旅行者向けの施設が急増している。都市の規模は大きくないが東南アジア第一級の観光都市だけに超高級ホテルやレストラン・カフェなどが驚くほど充実している。しかし街の中心部を外れればのどかな田園地帯が広がっている。南にトンレサップを控えており魚介類の産地としても有名である。

夕焼けに映えるアンコールワットのシルエット
気温1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)32.033.334.635.535.233.532.732.032.231.330.631.0
東京(参考)9.910.413.318.822.825.529.932.128.221.816.912.4
平均最低気温(℃)19.720.826.125.125.424.824.825.024.523.922.420.3
東京(参考)2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1
時差
-2時間(カンボジアは全て-2時間)
言語
クメール語
空港
シェムリアップ国際空港
  • プノンペンまで直行便で約45分
  • シアヌークビルまで直行便で約1時間
  • バンコクまで直行便で約1時間
  • ホーチミンまで直行便で約1時間
  • ハノイまで直行便で約1時間40分
  • ルアンパバーンまで直行便で約2時間
  • ヴィエンチャンまで直行便で約1時間30分
  • パークセーまで直行便で約1時間
鉄道駅
なし
カンボジア
の入国ビザ

カンボジアに入国する際には観光・商用ともビザが必要。パスポートの有効期間が、カンボジア入国予定日から6カ月以上残っていなければならない。

カンボジアのビザ取得代行料金はこちら
ベスト
シーズン
アンコールワットへの旅行のベストシーズンは、雨の少ない乾季である11月上旬~1月下旬あたりの期間である。この時期なら季節風も吹き、気温も少し下がるので比較的過ごしやすく、外での遺跡巡りが中心となるアンコール・シェムリアップ旅行には最も気象条件が優しい。しかし、カンボジアらしい日照りと蒸し暑さの中でのアンコール遺跡探検こそ、冒険旅行の醍醐味であるという体力に自信のある若い旅行者になら、3月~5月の酷暑の時期も悪くはない。また、熱帯の激しいスコールを体験したいというのなら雨季の前半の6月~7月あたりがよい。カンボジア最大のお祭りである水祭りを見たいなら、毎年11月の満月の前後3日間に行われるのでこの時期に行くしかない。
ツアーの
料金は
いつ安いか
アンコールワット旅行の最安値の時期は、1月~3月である。この時期は日本からの旅行者が比較的少ないためツアー料金も安くなる傾向がある。1月は気候もベストな時期なので狙い目である。GW(ゴールデンウィーク)を除いた4月~5月もかなり安いが、気候的に最も厳しい時期となる。GW(ゴールデンウィーク)が最も高く、夏休み期間と4・5連休になった場合の秋の連休も当然高いが、年末年始はそれほでもない。
旅行プラン
アンコールワット旅行の格安ツアーはアレンジ自由なフリープランが多いが、遺跡見学がセットになった観光付プランも少なくない。ツアーの日程としては4日間または5日間プランが標準だが6日間のプランもある。ほとんどの場合帰りが機中泊となるので、2泊4日または3泊5日になる。2泊4日の場合は実質の現地滞在時間は1日半くらいしかないが、とりあえずアンコール遺跡のメインどころだけを一通り見学することは可能である。もう少しじっくり見学したいなら、やはり3泊5日以上の日程が必要である。またシェムリアップの町やトンレサップ湖などアンコール遺跡群以外の観光も楽しみたいならさらに長い日程が必要になる。アンコール遺跡は東南アジア最大の世界遺産であり、その面積は極めて広大なため全てをじっくり見学しようすれば長期滞在を計画しなければならない。
服装の準備
シェムリアップでは一年を通して日本の夏の服装でよいが、冷房の効きすぎている場所もあり、また日焼け対策のためにも薄手の長袖シャツなどがあるとよい。また、カンボジア現地の人は肌を露出した服装を好まないので、特に女性は短パンやミニスカートは避けるべきである。アンコール遺跡の観光は、急な階段などもあるのでスニーカーなど歩きやすい靴が必須である。その他に帽子や日傘、サングラスなども用意したい。
治安と衛生
カンボジアは治安は常に不安定であることを頭に入れておかなければならない。世界遺産であるアンコール遺跡を擁する大観光地シェムリアップの街は、常に多くの海外旅行者があふれており、カンボジア政府も治安に力を入れているため、普段は日中であれば旅行者が犯罪に巻き込まれるようなことはあまりない。スリやひったくり、詐欺などの犯罪はもちろん常に発生しているが、それらに対しての注意は他のアジアの都市を旅行する場合と同じである。ただし、カンボジアは治安も政治情勢も流動的なため、今日の安全レベルが明日も同じであるとは限らない。常に最新の海外危険情報をチェックしていなければならない。衛生状況も決して良くはないため、水道水は飲まないこと。
チップ
カンボジアでは基本的に不要である。高級レストランやホテルではサービスによって支払うこともある。
電圧
カンボジアの電圧は220V・周波数は50Hzでコンセントの形状は日本と同じAタイプとCタイプの複合型が多い。いずれにしても変圧器が必要である。
旅行注意点
カンボジアでは政治的な話題と戦争の話は避けるようにしなければならない。子供の頭をなでてはならない。女性は僧侶に触れたり直接物を渡してはならない。アンコール遺跡は、崩壊や倒木といった事故が時々起きるので十分に注意すること。また都市部や観光地から少しはずれると地雷が残っている場所もあるので、危険地帯や人の行かない場所には絶対に近づかないこと。そして旅行中も国内の政治情勢を常に把握しておくことが必要である。
通貨
リエル[Riel][R]

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

アンコール遺跡群 世界遺産

19世紀に入ってからフランス人によって発見されたクメール帝国の王都で、ジャングルの中にある神秘に包まれた巨大遺跡である。東南アジア最大の歴史遺産の一つとして近年特に人気を集めており、1992年には世界遺産に登録された。一般にアンコール遺跡と言うとアンコールワットが圧倒的に有名であるが、12世紀前半にスールヤヴァルマン2世が建設したヒンドゥー教の寺院がアンコールワットであり、12世紀後半にジャヤヴァルマン7世が建設した仏教寺院がアンコールトムである。両者は隣接しているが後に造られたアンコールトムのほうが規模は大きい。この2大遺跡の他にも周辺に数多くの遺跡がありこれらを総称してアンコール遺跡群と呼ばれている。

アンコール遺跡群
アンコールワット 世界遺産

アンコール遺跡の代名詞ともいえる巨大遺跡でクメール文化の建築・芸術の集大成と言える。シェムリアップの北約5kmの樹海の中にあり南北約1,300m、東西約1,500mの壮大なスケールで回りは最大約200mもの幅の濠で囲まれている。中央神殿へと延びる約500m以上の参道の途中から眺める中央祠堂の三塔の景観がパンフレット等で最もよく紹介され有名である。外側から順に第一回廊、第二回廊、第三回廊に囲まれており、これらの回廊の壁に描かれたヒンドゥ教神話を題材とした浮き彫りの細工が見る者を圧倒する。どの回廊への階段も危険なほど急勾配である。アンコールワットは離れたところから見る外観も大きな魅力の一つであり、特に夜明けと夕暮れの太陽とオレンジ色の空を背景にしたシルエットの美しさは圧巻である。

アンコールワット
アンコールトム 世界遺産

アンコールワットは巨大であるが、スケールにおいてはそれを凌ぐのがアンコールトムである。一辺が3kmの城壁に囲まれた正方形の敷地内は大部分が樹海であり、遺跡群が集中するのは中央付近の1km四方の付近である。入り口の南大門からは像に乗って周遊することもできる。中心はバイヨン寺院で高さ42mの本殿がそびえている。仏教寺院のため観世音菩薩の四面塔で有名である。バイヨンと北門の間には三島由紀夫の戯曲で有名になった「ライ王のテラス」や、蓮の花を摘む3頭の象がシンボルの「象のテラス」、空中参道が見事な「バプーオン」、ピラミッド型の「ピミアナカス」など見応えのある遺跡が数多く点在している。アンコールワットとは異なる仏教の理念によって構築された小宇宙の世界が広がっている遺跡である。

アンコールトム
周辺の遺跡 世界遺産

建設途中で王の死により工事が中断され、石材が積まれた状態のまま未完成の「ケ・タウ」は他の遺跡とは趣が異なる。
・仏教寺院として造られたが後にヒンドゥー教寺院になったため仏陀などが剥ぎ取られている「タ・プローム」は、現在ではスポアン(榕樹)という熱帯の巨木が遺跡に絡みついて押しつぶさんばかりの様相を呈していることで有名である。大蛇や血管のように建造物に絡みついた姿は自然の芸術である。
・「プラサット・クラヴァン」は全てがレンガだけで造られており、内部の壁面に浮き彫りが施されているというアンコールでも特殊な存在である。
・「プリア・カン」はどことなくギリシア神殿に似ていて、しかも2階建ての石造建築という珍しいものである。
・他にも郊外にロリュオス遺跡群やバンテアイ・スレイなど見逃せない遺跡が目白押しである。

アンコール周辺の遺跡タ・プローム
トンレサップ湖

カンボジア中央部に位置する巨大な湖であるが、この湖の特徴は季節により面積が大きく変化することであり、メコン川からの流入の多い雨季には乾季の約3倍にも拡大するため「伸縮する湖」と呼ばれる。東南アジアで最も淡水魚が豊富な湖で世界有数の漁獲高を誇るが近年は水質汚濁が進んでいる。水上生活者の様子も見られるトンレサップ湖クルーズが人気のほか、シェムリアップとプノンペンを結ぶスピードボートもこの湖を経由している。

トンレサップ湖
オールドマーケット

シェムリアップの台所とも言える生鮮市場のマーケットであるが、土産物や民芸品の店も多く、食堂街もあるため外国人観光客にも人気のスポットである。値段はもちろん交渉次第である。シェムリアップには他にセンターマーケット、サマキ・マーケット、プサー・マーケット、そして近年オープンしたアンコール・ナイト・マーケットがある。

オールドマーケット
地雷博物館

シェムリアップで地雷撤去を行っているアキー・ラー氏が開いた博物館で、館長を務めるアキー・ラー氏自身が撤去処理した地雷を数多く展示している。カンボジア内戦時に埋められた地雷の数は膨大で、農地などで発見された地雷の処理は現在でも行われている。アキー・ラー氏自身が在館の場合は、本人自ら地雷の問題について日本語で解説をしてくれることもある。

地雷博物館

旅行者に人気のホテル

ダラ レン セイ ホテル

シェムリアップ中心部の東側に位置する5階建のホテル。規模は小さいが2009年開業と新しく清潔感あるプチホテル的な雰囲気のホテルとして日本人観光客には人気がある。カンボジア風のおしゃれな外観や客室内のぬくもりあふれる木製の家具、開放感あふれる屋外プールなど、アンコール遺跡を巡る女子旅にはぴったりのホテルといえる。朝食には名物の麺料理が用意される。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ダラ レン セイ ホテル
シティ アンコール ホテル

国道6号線に面したシェムリアップで伝統と格式ある5階建の大型ホテル。パゴタを模した伝統的なカンボジアンスタイルの外観が魅力。アンコール遺跡巡りの観光客からビジネスマンまで幅広く利用されており、フン・セン首相もご用達という。客室は暖かみのある落ち着いたヨーロピアンタイプのものが多い。スタンダードシティホテルの位置づけであるが、一通りの設備はとサービスは全て揃っている。旧名はコノールコクトロックホテル。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

シティ アンコール ホテル
ソマデヴィ・アンコール・ホテル&スパ

2006年にオープンしたシェムリアップでも新しいホテルである。市街地中心部のメインストリート・シヴォタ通りに面しているため周辺の利便性は抜群である。コロニアル調の美しい外観は豪華そのものであり、ほとんどの客室にバルコニーがあるが、客室は比較的シンプルである。朝食レストランではクメール料理を味わうこともできる。旧名はソマデヴィ・アンコール・ホテル。ソマデヴィとはかつてのクメール帝国の女王の名前である。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ソマデヴィ・アンコール・ホテル&スパ
ケマラ・アンコール・ホテル

シェムリアップ空港から市街地に至る途中の国道6号線に面したホテル。中心街からは遠いため周辺の利便性はやや劣り、マーケットなどへはトゥクトゥク(三輪タクシー)等移動手段が必要になる。木材の家具を使用するなどウッディ感覚の高級感にあふれている。客室は比較的シンプルであるが明るくて清潔感がある。マッサージはタイ式とクメール式が選べるのがおもしろい。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ケマラ・アンコール・ホテル
アンコール・パラダイス・ホテル

シェムリアップ中心部に位置する便利なホテル。バルコニー付きの壁と赤い屋根が印象的な建物である。 豪華で広い大理石のロビーや、木製家具のぬくもりが漂う落ち着いた雰囲気に評価が高い。カンボジアのクメール料理のレストランと24時間のルームサービスも魅力である。人気の屋外プールはかなりの広さがある。旧名はオールソン アンコール パラダイス。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

アンコール・パラダイス・ホテル
タラ・アンコール・ホテル

アンコール・ワット寺院の入口から5kmほどの比較的遺跡に近いホテル。白亜の城のようなお洒落なデザインの外観が日本人の女性に人気で、特に夜にライトアップされた姿が美しい。国際的な4つ星ホテルとして評価されているだけあり、外観もロビーも広々としており、客室はフローリングの床に木目を生かした家具が落ち着いた雰囲気を醸し出している。32インチの液晶テレビも嬉しい。自転車の無料レンタルサービスも行っている。ホテルの近くにはお土産で有名なアンコールクッキー店がある。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

タラ・アンコール・ホテル
アンコール・センチュリー・リゾート&スパ

数々の賞に輝いているシェムリアップで最も評価の高いリゾートホテルの一つである。豪華な設備と上品なインテリア、広大な面積を有するトロピカルな庭園と屋外プールなどが魅力で、日本人客が比較的多い。ディナータイムにはカンボジアの伝統的なアプサラダンスショーが毎晩上演されるなど、観光地らしい演出にも事欠かない。またホテル名の通りスパが自慢であり、エステメニューが充実しているのも女性にはうれしい。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

アンコール・センチュリー・リゾート&スパ
プリンス・ダンコール・ホテル&スパ

シェムリアップの中心部の旧フランス人居住区に位置するホテル。オールドマーケットやナイトマーケットへも徒歩10分とシェムリアップの市街地を楽しむには絶好のロケーションである。建物はエレガントな雰囲気のクメール様式の外観で、客室も木製の床にクメール伝統様式の木製家具を配置しシックにまとめられている。24時間営業のレストランや子供用プールもあり家族連れにはうれしい。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

プリンス・ダンコール・ホテル&スパ
パシフィック ホテル&スパ

国道6号線、アンコールワット遺跡から車で約15分のところに位置するホテル。広大な敷地の熱帯の庭園の中に建設されたオリエンタルスタイルの建物が特徴である。客室は伝統的なクメールスタイルの木材家具を多用しており、落ち着いたデザインになっている。5km圏内にカンボジア民族文化村、ラッキーモールスーパーマーケットがある。オールドマーケットまでの無料シャトルバスサービスも毎晩運行されている。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

パシフィック ホテル&スパ
アンコール ミラクル リゾート&スパ

カンボジア文化村の向かいに位置しするホテル。国道6号線に面しておりシェムリアップ国際空港にも近い。客室はクメール調の家具や木をふんだんに使った温かみのある内装が特徴で、窓からはシェムリアップ市街またはプールの景色を望むことができる。屋外には塩水のインフィニティプールもある。レストランでは地元の伝統的なクメール料理も楽しめる。市内および空港方面行きの無料シャトルバスを提供している。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

アンコール ミラクル リゾート&スパ
ボレイ アンコール ホテル

国道6号線沿いに位置するホテル老舗ホテルで日本人旅行者には人気がある。2003年に新館、スイミングプール、フィットネスジムが出来てスケールアップした。2ヘクタールの敷地内にはスタンダードルームが入る棟とレストラン、デラックスルームがはいる棟の2棟の建物がある。客室はシルクやクメールの手工芸品で飾られ、カンボジアの伝統的なクメール様式の雰囲気が伝わってくる。トロピカルガーデンと大きなプールを見下ろす専用バルコニーもある。夜間には市内への有料巡回バスを運行している。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ボレイ アンコール ホテル
ソカ アンコール リゾート

シヴォタ通りと国道6号線の交差点にあるデラックスホテル。アンコール遺跡の保存に携わるグループのホテルであるため、ロビーにも遺跡と同じレリーフの柱があり、中庭の石材や象の置物など遺跡の街の雰囲気を盛り上げてくれる。伝統的なアールデコ様式の古代のデザインと現代のクメールデザインで装飾された高級感のある客室は、美しい木目の床と大きなガラス窓が特徴である。レストランやバーは、カンボジア料理、西洋料理、クメール料理、日本料理などバラエティが揃い、特に本格的な日本料理が人気である。周辺にはコンビニもあり便利。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ソカ アンコール リゾート
ヴィクトリア アンコール リゾート&スパ

シェムリアップ市内中心部の空港近くに位置する高級リゾートホテル。フレンチコロニアル建築とクメール様式が絶妙に融合した独特の外観がエレガント。クメールの調度品が美しいロビーは照明を抑えた落ち着いた雰囲気で、女性やカップルにも人気が高い。客室は高級感あふれるアジアンリゾートらしい家具とデザインで装飾され、ガーデンまたはプールビューのバルコニーまたはパティオがある。レストランでは伝統的なカンボジアの舞踊ショーなども行われる。クラシックカーでの空港送迎サービスも行っている。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ヴィクトリア アンコール リゾート&スパ
グランド ソラックス アンコール パレス リゾート&スパ

シェムリアップでも最大級の敷地面積を誇る大型高級リゾートホテル。国道6号線から少し入った静かな環境の中にあり、アンコールワットに最も近いホテルの1つでもある。南国リゾートの雰囲気あふれるロビーや、ユニークな形をしたクメール様式の大きなプールと滝のある庭園が日本人に人気である。 標準でも42㎡という広い客室は全室バルコニー付きで、チーク材や木製の家具を中心にしたインテリアで上品にまとめられている。日本人スタッフが常駐しており、レストランに併設された日本人専用ラウンジでは日本の新聞やテレビなどを見ることができる。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

グランド ソラックス アンコール パレス リゾート&スパ
ザ ソティア

シェムリアップの国道6号線に面していながら、喧噪から隔絶された隠れ家的な高級ブティックリゾートホテルである。伝統的なクメール様式と現代建築が融合しハイセンスな雰囲気が漂っており、噴水に囲まれた庭園やクメール調の木のぬくもり、アイボリーとチークウッド家具で統一された贅沢な客室など、特に女性に人気が高い。ホテル名のソティアもこのホテルを建設した地元カンボジア資産家の夫人の名前から付けられた。シェムリアップ中心部とホテルを結ぶ無料のトゥクトゥク・サービスも提供している。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ザ ソティア
ソフィテル アンコール ポキットラー ゴルフ&スパリゾート

シェムリアップのホテルの中でも常に最高級ランクに位置付けされているデラックスホテル。大きな池が水をたたえた緑あふれる広い敷地内に、クメールの建築様式を随所に取り入れたコロニアル調の建物があり、ホテルの敷地そのものがリゾートの雰囲気である。ウッディ調で高級感たっぷりの客室からは中庭を望むことができる。敷地内にある本格派フランス料理店は人気が高い。カンボジアでも最大級のホテルプールも自慢である。また、ホテル名の通り18ホールのゴルフコースを所有しているが、ホテルからは離れている。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ソフィテル アンコール ポキットラー ゴルフ&スパリゾート
ル メリディアン アンコール

アンコール・ワットに最も近い5つ星最高級ホテルで、シェラトンやウェスティンで有名なスターウッドグループブランドの一つである。アンコール・ワットをモチーフにしたという重厚なクメール様式の外観が特徴である。高級木材とエキゾチックなシルクを用いたエレガントなインテリアに人気が高い。また緑豊かな庭園とクメール建築の宮殿を模倣した壮麗な造りのプールが、ホテル滞在中もリゾート気分を盛り上げてくれる。プールサイドは夜間にはライトアップされ幻想的な光景を醸し出す。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ル メリディアン アンコール
ラッフルズ グランド ホテル ドゥ アンコール

シンガポールの名門ラッフルズチェーンが運営する最高級ホテル。美しいフレンチコロニアル調の豪華な建物が魅力でエレガンスと品格を漂わせている。6万㎡もの広さを誇る庭園の木々も美しい。1997年に全面リニューアルされたが、館内は1930年代の空気が満ちており、階段の手すりや明の飾り、そして設立当初からあるというアンティークなエレベーターに趣がたっぷりである。客室は清潔感あふれるシックで落ち着いた造りである。アプサラダンスのディナショーが行われる「パフォーマンス・ハウス」も人気。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ラッフルズ グランド ホテル ドゥ アンコール
ラ レジデンス ダンコール

緑が生い茂るシェムリアップ川沿いに建てられたクメール伝統様式のデラックスホテル。茶色で統一された建物は木と自然石で造られており、その芸術的な美しさはシェムリアップの数多いホテルの中でも際立っている。客室も伝統的な木彫のフローリングで自然の素材をふんだんに取り入れた居心地の良いインテリアに人気が集まっている。アジア風にアレンジされた地中海の料理レストランや、眺めが美しいバー、そして35メートルもある中庭のプールなど、付帯施設も充実している。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ラ レジデンス ダンコール

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

シェムリアップへの格安ツアー・格安航空券

おすすめ アンコール格安ツアー

羽田発 フリープラン

成田発 フリープラン
中国東方航空で行く4日間

関空発 フリープラン
中国東方航空で行く4日間

中部発 フリープラン
中国東方航空で行く4日間

福岡発 フリープラン
中国東方航空で行く4日間

おすすめ シェムリアップ行き格安航空券

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア