カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

格安旅行のカモメトラベル > 【マレーシア旅行はこんなに安い!】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! クアラルンプール格安ツアー・格安航空券

クアラルンプール旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

ペトロナス・ツイン・タワーとクアラルンプールの近代的な街並み

クアラルンプールの名前はとても有名ですが、実はマレーシア語で「濁った川の合流地」を意味する言葉が由来です。ですが今のクアラルンプールは緑あふれる広大な空間に、整然とした超高層ビルが美しく林立しており、ガーデン・シティ(庭園都市)とさえ呼ばれるほどのきれいな街です。旅行者にとってヨーロッパ・中国・インド・東南アジアを一度に味わえる魅力的な街として高い人気を誇っています♪

あなたのご希望に合わせてツアーのホテル変更や延泊などアレンジにも柔軟に対応いたします♪
個人旅行も、社員旅行・学生旅行もおすすめ !!

あのホテルがいいんだけど...延泊もしたいな...

クアラルンプール [首都]

クアラルンプール の基本情報

人口
162万人
フライト
所要時間
概要

マレー系・中国系・インド系の3大社会と少数民族のエネルギーあふれるマレーシアの首都。イギリス植民地時代のエキゾチックな古い欧風建築物とイスラム色豊かな中東風建築物、そして近代的な超高層ビルが融合した東南アジア有数の大都会である。熱帯雨林の地に開かれた「ガーデン・シティ」と呼ばれるほど豊かな緑に囲まれた大都会であり、日本の大都市と大きく違う点は高層ビルの間の空間に驚くほど緑が多い点である。マレーシア国内では略してKLと呼ばれることが多い。

ペトロナス・ツイン・タワーと緑豊かなクアラルンプールの街並み
気温1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)32.132.933.233.132.932.732.332.332.132.131.631.5
東京(参考)9.910.413.318.822.825.529.932.128.221.816.912.4
平均最低気温(℃)22.522.823.223.723.923.623.223.123.223.223.222.9
東京(参考)2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1
時差
-1時間(マレーシアは全て-1時間)
言語
マレーシア語
空港
クアラルンプール国際空港
  • コタキナバルまで直行便で約2時間35分
  • ペナンまで直行便で約1時間
  • ランカウィまで直行便で約1時間
  • ジョホールバルまで直行便で約50分
  • クチンまで直行便で約1時間45分
  • コタバルまで直行便で約1時間
  • クアンタンまで直行便で約40分
  • タワウまで直行便で約2時間50分
  • ラブアンまで直行便で約2時間25分
鉄道駅
クアラルンプール・セントラル駅
  • シンガポールまで約7時間
  • ハジャイまで約15時間25分
  • セレンバンまで約1時間15分
  • ジョホールバルまで約5時間50分
  • アヴィニヨンまで約2時間40分
  • タナ・メラまで約11時間
  • バタワースまで約10時間15分
ベスト
シーズン
クアラルンプール旅行のベストシーズンは、気候的には一年中ほとんど違いがないため、どの時期でも旅行に適していると言える。クアラルンプールにおいては雨季でも乾季でも一日中雨が降るということはほとんどなく、夕方に激しいスコールがあるだけで、気温も一年中同じである。目当てのイベントがあればそれが開催される時期に訪れるのがベストである。ショッピングのセールは7月・8月であるが、この時期はツアー料金が高い。なお、2月の中国の旧正月にあたる期間は多くある中国系の商店やレストランが閉まっているので観光旅行にはおすすめできない。
ツアーの
料金
いつ安いか?
クアラルンプール旅行の最安値の時期は、年末年始直後の1月上旬~下旬と、10月下旬~12月中旬の期間である。また2月~GW(ゴールデンウィーク)直前の4月中旬までの間も比較的安い時期である。クアラルンプールは5月~10月が旅行者に人気の高い時期のため、この期間の料金は高めるになる。最も高いのは8月の1ヶ月間であり、中でも8月中旬がピークとなり極端に高くなる。それに比べるとGWと秋の5連休(シルバーウィーク)、年末年始はまだ安いほうである。
旅行プラン
クアラルンプール旅行の格安ツアーはクアラルンプールのみ滞在のプランはほとんどが4日間ツアーか5日間ツアーであるが、3日間の弾丸ツアーもある。ベトナムやタイ、シンガポールあるいはペナン島などを含めた周遊ツアーだと6日間ツアーや7日間ツアーまたは8日間ツアーが多い。たいていは復路が機中泊となるため、ホテルでの宿泊では2泊4日や3泊5日という形になる。クアラルンプールの街はかなり広いが主要な観光エリアはほとんどKLモノレールとLRTがカバーしているので移動に時間はかからない。きちんとコースプランを計画すれば少ない滞在日数でも市内観光には足りる。しかしクアラルンプールの郊外にも緑あふれる観光スポットが点在しており、これらも巡りたい場合は旅行日数に余裕を持ったほうがよい。
服装の準備
年間を通して日本の真夏の服装で大丈夫。ただし施設の冷房対策のため、長袖のシャツなどを用意しておいたほうがよい。また特にイスラム教の寺院の参拝するときは肌の露出の無い服装が必要である。
治安と衛生
マレーシアは東南アジアの国でも比較的治安のよい国として知られているが、大都市クアラルンプールでは犯罪が増えている。旅行者を狙ったスリやひったくりには警戒が必要。繁華街やショッピングセンター、ホテルのロビーやエレベータ内、さらに食事中など常に注意を怠ってはならない。また夜間に女性1人でタクシーに乗ることは絶対に避けること。衛生面では、水道水は安全とは言えないのでミネラルウォーターを飲むこと。刺身や生ガキなどは一流レストランでも取らないほうが無難。
チップ
マレーシアでは、基本的にチップの習慣が無いので不要である。
電圧
マレーシアの電圧は220V 周波数50Hz コンセントのタイプ日本とは異なるため日本の電化製品はそのままでは使えない。海外旅行用の変圧器などが必要。
旅行注意点
イスラム教国であるマレーシアでは、海外からの旅行者も最低限のマナーを守らなければならない。モスクはもちろん肌を露出した服装は厳禁である。物を渡すときや食事には必ず右手を使うのが常識である。子どもの頭をなでるのも良くない。またマレーシア政府の批判をしてはならない。建物の階の数え方はイギリス式なので1階がグランドフロアで、2階がファーストフロア(1F)となる。
通貨
マレーシア・リンギット[RM] マレーシア・ドルと呼ばれることもある。補助単位はセン[SEN] 1リンギット=100セン

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

サルタン・アブドゥル・サマド・ビル

クアラルンプールらしい建物として最も有名なのが、この司法裁判所と旧連邦事務局である。1897年にイギリス人建築家の設計により建てられたヴィクトリア様式とムーア様式の融合した見事な建築物は、クアラルンプールの象徴の一つとなっている。独立広場に面して建っており41mの時計台のてっぺんの赤銅色のドームがシンボルで、全長137mの巨大な建物は夜のライトアップ時も一際美しい。

サルタン・アブドゥル・サマド・ビル
マスジット・ジャメ(ジャメ・モスク)

サルタン・アブドゥル・サマド・ビルと同様、このイスラム寺院もクアラルンプールらしい優美な建築物として有名であり、マレーシアでは最も美しい寺院とさえ言われている。クアラルンプール発祥の地であるクラン川とゴンバック川の合流地点に建っている。白いタマネギ型のドームと赤レンガの壁を持つムーア風の建物は、ヤシの木に囲まれていっそう美しさが引き立っている。

マスジット・ジャメ(ジャメ・モスク)
ペトロナス・ツイン・タワー

現在のクアラルンプールの街のシンボルとなっている超高層ツインタワービルである。シカゴのシアーズ・タワーより高い452mの高さを誇り、2003年に台北のTAIPEI101ビルが完成するまで世界一高いビルであった。イスラムモスクの尖塔をイメージしたデザインが特徴で、2本のタワーは地上170mの41階部分がスカイブリッジで結ばれており、ここからの眺望は素晴らしい。ペトロナスとは社屋として使っている国営石油会社の名前である。

ペトロナス・ツイン・タワー
KLタワー

ペトロナス・ツイン・タワーより一足先に完成したクアラルンプールの近代化を象徴する超高層建築であり、こちらも街のランドマークである。丘の上にある高さ421mのタワーには高さ270~300mの所に展望台と回転レストランがあり、クアラルンプールの街並みが一望できる。もちろんここからの夜景も素晴らしい。

KLタワー
クアラルンプール駅

イスラム様式の白亜の外観と尖塔を持つ駅らしからぬ華麗な建築物である。100年の歴史を持っているが、現在の鉄道の中心駅としての機能はクアラルンプール・セントラル駅に移っており、ホテルと長距離バスの拠点としての役割を受け持っている。道路を挟んで向かい側にはマレーシア鉄道省が建っており、こちらは対照的に重厚なイスラム様式の建築物である。

クアラルンプール駅
チャイナタウン

中国系住民の多いクアラルンプールには当然のようにチャイナ・タウンがある。他の大都市のチャイナ・タウンと同じく狭い路地に屋台や露店が集まっているが、その中でもチェン・ロック通りやスルタン通りが特に賑わいを見せている。チャイナ・タウンお決まりの関帝廟はもちろんあるが、ヒンドゥー教のスリ・マハ・マリアマン寺院もこのエリアにある。その他に観光客向けのセントラル・マーケットや陳氏一族を祀る霊廟である陳氏書院などがある。

チャイナタウン
ムルデカ・スクエア(独立広場)

マレーシアは1957年にイギリスからの独立を果たしたが、その独立宣言が行われた場所である。国旗の掲揚塔の高さは99mもあり世界一の高さである。毎年の独立記念日の式典もここで行われる。イギリス統治時代の名残から、現在もクリケット競技場を兼ねており広々とした緑の芝生が整備されていて美しい。

ムルデカ・スクエア(独立広場)
レイク・ガーデン

イギリス統治時代に造成された約90haの広大な都市公園で、大都会クアラルンプールのオアシス的存在である。ボート遊びのできるペルダナ湖を中心に美しい緑の芝生が広がっており、蘭やハイビスカスの庭園、オーキッド&ハイビスカス・ガーデン、バード・パーク、バタフライ・パークなどのテーマ別ガーデンの他、国立博物館や国立プラネタリウムなどの文化施設もある。

レイク・ガーデン

郊外および近郊の観光地・名所・見どころ

バトゥ・ケイヴ(バトゥ洞窟)

市街の北約13kmのところにある大鍾乳洞で内部にはインド以外では最大の規模のヒンドゥー教寺院がある。洞穴の広いところは高さが112mもありいたるところにヒンドゥー教の神々が祀られている。洞窟の入り口までは278段の急勾配な階段を登らなければならないが、この階段や洞窟に野生の猿が多く現れる。ヒンドゥー教の聖地となっているため毎年1月下旬から2月上旬にかけて大祭タイプーサムが行われ、苦行者の行列を見ることができる。

バトゥ・ケイヴ(バトゥ洞窟)
シャ・アラム

クアラルンプールの南西約25kmに位置する人口湖と緑の自然が美しい整然とした街並みの計画都市である。ここの見ものはマレーシア最大のモスクである「サルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・シャ・モスク」である。クアラルンプールの国立モスクの4倍もの規模があり、高さ142mのミナレットが4本立ち並ぶスケールは圧巻である。礼拝堂以外の場所は誰でも見学できる。その他にサルタンやマレーシアの歴史を学べる「サルタン・アラム・シャー博物館」やジャングルそのものの自然公園である「アグリカルチャー・パーク」などが見どころである。

サルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・シャ・モスク
ゲンティン・ハイランド

クアラルンプールの北東50kmに位置するマレーシア政府公認のカジノで有名な高原リゾートである。カジノだけでなく家族連れで楽しめる遊園地やゴルフ場、アウトドアスポーツなどの娯楽施設が充実している。「雲の上」を意味するゲンティンの名の通り、標高2,000mの高地のため熱帯国マレーシアの避暑地として人気が高い。大規模でデラックスなホテルが多いが、当然ながら週末は非常に込むので早めの予約が必要である。

ゲンティン・ハイランド

日本人旅行者に人気のラグジュアリーホテル

JW マリオット ホテル クアラルンプール

クアラルンプールで一番の繁華街であるブキットビンタン通りに面した29階建ての高級ホテル。スタイリッシュで近代的なガラス張りのデザインが特徴で、ヨーロッパ風の広々とした豪華なロビーも印象的である。高級ブランド店が集まるスターヒルショッピングモールとも内部で直結している。客室は40㎡の広さがあり、オリエンタルな雰囲気の中にクラシカルな家具が配置され優雅にまとめられている。飲茶が人気の「上海レストラン」はじめ館内には5つのバーやレストランがある。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

JW マリオット ホテル クアラルンプール
シャングリラ ホテル クアラルンプール

クアラルンプールはもちろん、マレーシア国内でもっとも格調高いホテルの一つとして数々の賞にも輝いている最高級ホテル。クアラルンプールの象徴であるペトロナス ツイン タワーやKL タワーまで徒歩5分という立地も魅力である。豪華なシャンデリアと美しい花々が飾られた広いロビーが気分を高めてくれる。スタイリッシュな内装の豪華な客室は、ミニバー、バスローブ、薄型テレビ、市街の景色を望む大きな窓を備え、バスルームはもちろん大理石を使用した贅沢なセパレートタイプである。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

シャングリラ ホテル クアラルンプール
マンダリン オリエンタル クアラルンプール

ペトロナス・ツインタワーとコンベンションセンターの間に位置するクアラルンプールを代表する最高級ホテル。複合ショッピング施設であるクアラルンプール・シティセンターの一部となっている。ヨーロピアンスタイルとオリエンタルな雰囲気を融合したエレガントな空間が魅力。客室は全室アジア風の落ち着いたベージュ系でまとめられ、豪華な大理石のバスルーム、42インチ薄型テレビ、iPodドッキング ステーション、ミニバー、紅茶/コーヒーメーカーが備わっている。大きな窓からはクアラルンプールの緑豊かな公園か美しいスカイラインのどちらかが眺望できる。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

マンダリン オリエンタル クアラルンプール

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

クアラルンプールの格安ツアー・格安航空券

おすすめ クアラルンプール格安ツアー

羽田発 フリープラン

成田発 フリープラン

関西発 フリープラン

中部発 フリープラン

福岡発 フリープラン

おすすめ クアラルンプール行き格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア