カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

ホーム > 【サイパン旅行はこんなに安く行ける】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! サイパン旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

サイパン旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

サイパンの海の熱帯魚

常夏の南の島として知名度抜群のサイパンは、ハワイ、グアムと並ぶ日本人の大好きなリゾートアイランドですね♪ サイパンの最大の魅力と言えばマリンブルーの透き通るような海です! 透明度の高さは世界一とさえ言われるほどの美しい海で一日中過ごしてみたらどんなに幸せでしょう。こんな楽園が近くて格安で行けるんですから、何度でも行きたいですね♪

あなたのご希望に合わせてツアーのホテル変更や延泊などアレンジにも柔軟に対応いたします♪
個人旅行も、社員旅行・学生旅行もおまかせ !!

あのホテルがいいんだけど...延泊もしたいな...

サイパン [北マリアナ諸島連邦]

サイパンの基本情報

人口
7万人
フライト
所要時間
概要

サイパンは日本の南東2,400kmに位置するアメリカ合衆国の自治領で、ロタ、テニアンとともに北マリアナ諸島連邦に属している。年間平均気温が28℃で一年を通して変化が少なく、一年中マリンスポーツが楽しめる常夏の島である。サイパン島はサンゴ礁に囲まれた面積185㎢の島で、島の西海岸沿いの平坦地が住民の生活の場となっている。マニャガハ島やマイクロ・ビーチをはじめとする純白のビーチと透明度の高い海が世界的に人気が高い。太平洋戦争終了までの日本統治時代の名残りに加え、年間40万人に上る日本人観光客があることから、ホテルやレストランでの日本語の通用範囲がかなり高い。

サイパンの純白のビーチと青い空
気温1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)24.226.326.627.329.028.929.228.727.828.127.627.0
東京(参考)9.910.413.318.822.825.529.932.128.221.816.912.4
平均最低気温(℃)22.322.522.622.923.323.924.223.923.523.322.822.4
東京(参考)2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1
時差
+1時間
言語
公用語は英語、チャモロ語、カロリニアン語
空港
サイパン国際空港
  • ロタまで直行便で約35分
  • テニアンまで直行便で約10分
  • グアムまで直行便で約50分
鉄道駅
鉄道はなし
ベスト
シーズン
サイパン旅行のベストシーズンは、乾季で晴天率の高い12月~4月である。サイパンは年間を通じて常夏の気温であり、いつ旅行してもビーチリゾートを満喫することは出来るが、12月~4月の時期は雨も少ないため海の透明度も比較的高い。ダイビングやシュノーケリングが目的ならばやはりこのシーズンがベストであろう。ただし近年は乾季と雨季の区別が曖昧になることも多く、必ずしもこの時期がベストとも限らない。なお、サイパンの桜と言われる火炎樹の花など、美しい花々を見たいなら、5月~8月の旅行がおすすめである。
ツアーの
料金は
いつ安い?
サイパン旅行のツアー料金の最安値の時期は、GW(ゴールデンウィーク)明けの5月中旬から7月上旬までの期間である。次いで10月中旬から12月上旬までの期間もかなり安い。またG.W.直前の4月中旬も安くてねらい目である。逆に年末年始は最も高く、夏休み期間、特に8月上旬も非常に高い。他の海外旅行の人気観光都市と違ってGW期間中と4・5連休になった場合の秋の連休はそれほど高いわけではなく、むしろ春休みの3月下旬のほうが高いのが特徴である。なお、出発の曜日別だと月曜発と火曜発が安い。
旅行プラン
サイパン旅行の格安ツアーは4日間ツアーと3日間ツアーが最も多く、次いで5日間ツアーが多い。サイパンは成田からは直行便で4時間未満で行ける上に、小さな島なので4日間程度がちょうどよい滞在期間である。ただし成田発のサイパン直行便はデルタ航空しかないが、このフライト時刻がかなり極端である。行きは午前発または夜発しかなく、午前発の場合はサイパンには午後3時ごろ到着なので、初日の夕方から現地滞在を楽しむことができるが、夜発の場合は日付が変わった頃にサイパン着のため、初日のホテルでの睡眠時間が中途半端になる。帰りの便は早朝発と夕方発であり、早朝発の場合は実質最終日のサイパン滞在は無いことになる。スケジュール的にこれが都合がいい場合は別であるが、一般には行きは午前発、帰りは夕方発のフライトの組み合わせがサイパンでの滞在時間を最も有効に使えるプランである。格安ツアーの場合は全て同じホテルに連泊なので、あとは、リゾート滞在の良し悪しはホテル選びで決まるといってよい。オーシャンビューの部屋であれば、ホテル滞在時も海を楽しめる時間とも言えるが、当然ながらツアー料金は高くなる。
服装の準備
サイパンは平均気温が27℃なので、一年中夏服で大丈夫であるが、観光施設内やバスなどは冷房がきついのでカーディガンなどがあったほうがよい。また日焼け対策も必要。街では高級レストラン以外ではかなりカジュアルな服装でもOKである。
治安と衛生
サイパンは国際的な観光地なので治安はかなり良いと言える。しかし、その観光旅行者を狙ったスリや置き引き、車上荒らしなどが頻繁に発生している。ビーチに行くときは貴重品を持って行かないようにしよう。また、日本語が通じる場所や現地の人が非常に多いので、かえってそのことがトラブルのきっかけになることもある。水道水は飲用可能となっていても石灰分が多いので飲まないほうがよい。
チップ
サイパンではチップは習慣になっており、レストランやタクシーでは料金の10~15%が目安。ただしレストランで料金にサービス料が含まれていれば、チップは不要。
電圧
サイパンの電圧は120/60Hのため、日本の電化製品の使用には変圧器が必要。コンセントは3つ穴だが日本のプラグは使用できる。
旅行注意点
サイパンはビーチリゾートの島として観光客ばかりが多いが、地元の人々の生活を見だすような行為には気を付けなければならない。また太平洋戦争の戦跡など厳粛な場所では、はしゃいだり騒いだりしないよう注意が必要である。サンゴの採取・持ち出しは禁止されている。
通貨
ドル[$][USD] 補助単位はセント[¢]。

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

マニャガハ島

サイパンのシンボルでもあり、またサイパンで最も人気の高いマリンスポットがマニャガハ島である。ガラパンの北の港から船で15分で行くことができるこの島は、周囲約1.5km、徒歩で15分くらいで一周できるほどのサンゴ礁の島である。マリンスポーツでは特にスキューバ・ダイビングやバナナボートが人気である。マニャガハ島へ行くにはサイパン本島からのツアーに参加するのが一番お得であるが、バナナボートやパラセイリングで行くこともできる。ただし入島税や島内でのルールもあるのできちんと確認しよう。

マニャガハ島
マイクロ・ビーチ

サイパンのビーチと言えば、まず名前があがるのがマイクロ・ビーチである。ハイアット・ホテルからハファダイ・ビーチ・ホテルまでの約1kmの白い砂浜ビーチはもっともサイパンらしい景観として有名である。ウインドサーフィンやスノーケリング、ジェットスキーなどのマリンスポーツをする観光客でいつも賑わっている。また、遠浅の海の沖にはサイパンのシンボルといってよいマニャガハ島がぽっかりと浮かんでおり、この光景を見なければサイパンにきた甲斐が無いと言えるほど外せない観光スポットである。

マイクロ・ビーチ
ガラパン

サイパン観光の中心地となる場所で、島随一の繁華街である。町の中央をビーチ・ロードが貫き、レストランやショッピングセンターは多くの観光客で賑わう。またハファダイ・ビーチ・ホテルなどサイパンを代表する大型ホテルも集まっている。敷地内にサイパンの歴史がわかるビジターセンターもある緑豊かな「アメリカ記念公園」、日本統治時代のサイパンの産業を物語る「砂糖王公園」、サイパンを含めた北マリアナ諸島連邦の歴史と文化を紹介する「北マリアナ諸島博物館」など文化・歴史施設が多くあるエリア。

ガラパン
グロット

サイパンはダイビング天国とも言われるが、数多いダイビングポイントの中でも最も有名なのがグロットである。サイパン島の北東部のマドック岬の先端にある鍾乳洞で、急な100段ほどの階段を下りた先に断崖絶壁に囲まれた天然のプールがある。水中では3つの横穴で外洋とつながっている。洞窟の奥の神秘的なブルーの空間の幻想的な景観は全てのサイパン旅行者を魅了してやまない。またグロットの1.5kmほど南にあるバード・アイランドと呼ばれるイスレタ・マイゴ・ファハンもサイパンを代表する景勝地である。

グロット
サンホセ~ススペ

サイパンを含む北マリアナ連邦の首府であるススペには官庁街シビック・センターや大規模なショッピングセンターがある。またサイパン最大の淡水湖・ススペ湖も近くにある。北に位置するサン・ホセからススペにかけての海岸は「ランディングビーチ」と呼ばれ、アメリカ軍上陸記念碑やサイパン島民慰霊碑が建立されている。このエリアにはサイパンで最も大きな町「チャラン・カノア」や、サイパン最大の教会である「マウント・カーメル教会」など、サイパンの政治・経済・文化の中心となっている。

マウント・カーメル教会
サイパン熱帯植物園

総面積約10万坪というサイパン最大の植物パーク。1000種類以上の熱帯のめずらしい植物やトロピカル・フラワーが見られるのもサイパンの気候ならでは。パパイヤ・ドリアン・グアバや、見たこともない熱帯の果実も見ることができる。園内にはラウラウ湾を一望できる見晴らしのよい展望台もあり、ハンモックやツリーハウス、サイパンの民話がテーマの動物の像など子どもも楽しめるものが揃っている。園内ツアーも行われており、バーベキューランチやトロピカル・フルーツが味わえるコースもある。

サイパン熱帯植物園のトロピカルジュース
タポチョ山

サイパンで最も高い山がタポチョ山である。とはいっても標高は473mである。しかしサイパン島には他に高い山がないため、頂上からは360度島の全景が見渡せる。まさにサイパン随一の絶景ポイントである。マニャガハ島はもちろん、南にはススペ湖、そしてその海の向こうにはテニアン島、さらに天候が良い日には遠くロタ島を望むこともできる。山頂へはキャピトル・ヒルから登坂道もあるが、4WD車で上るオプショナルツアーが用意されており人気が高い。

タポチョ山
バンザイ・クリフ

サイパンは南国リゾートの島としてのイメージばかりが強いが、グアムやパラオと同じく太平洋戦争の激戦地として多くの犠牲者を出した悲惨の地であることも忘れてはいけない。正式名はプンタン・サバネタという岬の断崖であるが、通称の通り1944年7月、追い詰められた日本人の婦女子や老人が「バンザイ」と叫びながら荒海に身を投げた場所である。現在は犠牲者の霊を慰める白亜の太平洋の塔と観音像が建っている。日本人がサイパンを訪れた際には決して忘れてはならない大切な場所である。

バンザイ・クリフ
バナデロ(ラスト・コマンド・ポスト)

サイパンにおいて、バンザイ・クリフ、スーサイド・クリフと並んで太平洋戦争の悲惨さを語る戦跡地がバナデロである。マッピ山麓に位置する旧日本軍最後のトーチカ(司令塔)である。今も生々しい砲台跡が残っており、戦闘の激しさを物語っている。特に当時のサイパンではサトウキビ産業が盛んで、その事業のために多くの沖縄県民が移住しており、その多くが戦闘の犠牲となっため、「おきなわの塔」が建てられており、さらにその隣には韓国人慰霊平和塔も建てられている。

バナデロ
ロタ島

サイパンとグアムのちょうど中間付近に位置するのがロタ島である。サイパン島からは飛行機で約30分で行くことができる。島の地形は平坦な東部と起伏に富んだ西部とで大きく異なる。透明度の高い海のビーチが一番の魅力であるが、他にも見どころは多い。サイパンの歴史を物語る製糖工場跡、岩礁にできた天然のプール「スイミング・ホール」、台風時のロタ島民の避難場所の「トンガ洞窟」、「ラッテ・ストーン」と呼ばれるチャモロ遺跡、ロタ随一の景勝地「アス・マモス岬」、断崖絶壁とジャングルの「バード・サンクチュアリ」など。

ロタ島
テニアン島

サイパン島の南西約5kmに位置し、北マリアナ諸島ではサイパンに次ぐ広さの島がテニアン島である。サイパン本島からは飛行機でわずか10分である。ロタ島と同じく透明度抜群の海が世界中のダイバーの憧れとなっており、「タチョンガ・ビーチ」、「カマー・ビーチ」、「フレミング・ポイント」などが特に人気である。一番の観光名所はラッテ・ストーンが残る「タガ遺跡」であるが、その他にも「日本海軍司令部跡」、「潮吹き海岸」、「牛岬」など見どころが多い。

テニアン島

旅行者に人気のリゾートホテル

パシフィック アイランズ クラブ サイパン(PIC)

サイパン島の南西部の海岸沿いにあり、広大な敷地内にウォータパークをはじめ40ものアクティビティを抱える大型ホテル。アクティビティの充実度はサイパン島随一として知られ、宿泊客はこれらを全て無料で楽しめる。水中エアロビクス、水中バレーなどプールでのプログラミングも幅広い。宿泊棟はロタ棟、テニアン棟、タシ棟の3つに分かれており、ロビーは高い天井に吹き抜けとそれぞれがリゾートらしさが感じられる造りとなっている。ホテルのオリジナルグッズを扱うショップもある。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

パシフィック アイランズ クラブ サイパン(PIC)
グランヴィリオリゾートサイパン(旧ハファダイビーチホテル)

サイパンの中心地ガラパンの海部沿いにあるサイパン島最大規模のホテル。マイクロ・ビーチに面し、ショッピングにも便利な立地である。サイパン有数の高層建築であるタガ・タワーは18階建てで、高層階の客室からは素晴らしい眺めが楽しめる。さらにクリスタル・タワー最上階のレストランではサイパンの美しい海に沈む夕日を眺めながら食事ができる。ダイビングプールや子供用プールなどホテル内のアクティビティも充実している。(2015年4月1日よりハファダイビーチホテルからグランヴィリオリゾートサイパンに名称を変更。)
【詳細情報はこちら...】

グランヴィリオリゾートサイパン(旧ハファダイビーチホテル)
ハイアット・リージェンシー・サイパン

サイパンの中心地のガラパンにある最高級ホテル。DFSギャラリア・サイパンから歩いて10分という観光にもショッピングにもベストなロケーションでありながら、目の前に広がる白砂のマイクロビーチ、広大なトロピカルガーデンを有しているというハイアットならではの高級リゾートホテルです。客室の豊富なアメニティや室内設備、フィットネスセンター、エステサロン、さらに庭園内には池があり熱帯魚を観察できるなど、ホテル内だけでも十分にサイパンのリゾート気分を満喫することができる。
【詳細情報はこちら...】

ハイアット・リージェンシー・サイパン
アクアリゾートクラブ サイパン

サイパン北部のアチュガオビーチに面した全室コテージスタイルの隠れ家的ホテル。 客室は庭園に囲まれ、室内は木目調のインテリアとコロニアル調の優雅な雰囲気。ところどころに置かれたイルカやカジキの木彫りがサイパンの南国ムードをいっそう盛り上げてくれる。落ち着いた雰囲気のプールエリアには、ファミリープールやダイビングプール、ウェットバーなどを備えており、夜には美しいイルミネーションがプールを囲む。アメニティや各種サービスも行き届いており、サイパンでも特にリピーターの多いホテルである。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

アクアリゾートクラブ サイパン
マリアナ リゾート & スパ

サイパン島の最北端の閑静なサンロケ地区にある巨大なヴィラタイプのリゾートホテル。1322㎡の広大な敷地には、サイパン島はもちろんミクロネシアでも最大級のスパ施設であるマンディ・アジアン・スパをはじめ、プールや野球場、18ホールの本格的なゴルフコース、カートサーキット、乗馬施設など様々な娯楽を備えている。ホテル内にはダイビングショップもあり、またサイパンの自然を満喫できるアドベンシャーツアーも催行している。客室は広々としており、まさにサイパンの別荘気分が味わえる。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

マリアナ リゾート & スパ
サイパンワールドリゾート

サイパン空港から車で約10分のススペ地区のオンザビーチに建つカジュアルな雰囲気のリゾートホテル。 サイパン最大級のウォーターパーク「ウェーブジャングル」は7種類のプールと4本のスライダーを備えており、子供が勉強できるキッズカレッジもあるなど、家族旅行には最適なホテル。客室は全室オーシャンビューの抜群の立地で、さらに専用ビーチからは美しい夕日が見える事でも有名である。無国籍料理のレストランや、コーヒーエステで評判のエステサロンなど大人にも魅力的な施設も揃っている。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

サイパンワールドリゾート
フィエスタリゾート&スパ サイパン

サイパンを代表するビーチであるガラパン地区のマイクロビーチの正面に位置する高級リゾートホテル。DFSギャラリアからも徒歩3分という好立地でショッピング派にも便利なホテル。敷地内には2つのプールとテニスコートや子供の遊べるスペースも備え、庭園ではサイパン随一のディナーショーも行われている。オーシャンビューとマウンテンビューの客室はスタンダードルームでも32㎡以上の広さがあり、白を基調とした明るくモダンな造りが魅力である。キューバダイビング道具のレンタルも行っている。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

フィエスタリゾート&スパ サイパン

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

サイパンの格安ツアー・格安航空券

おすすめ サイパン格安ツアー

成田発 フリープラン

おすすめ サイパン行き格安航空券

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア