カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・海外格安航空券ならおまかせ!

ログイン・新規会員登録

海外

訪日

ホーム > 【ミラノ旅行はこんなに安く行ける!】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! ミラノ旅行の格安ツアー・格安航空券

ミラノ・イタリア旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

ミラノと言えば洗練されたファッションの都として、またサッカーセリエAのACミランとインテル・ミラノの本拠地として日本でもすっかり有名になっている街です。個性ある都市がひしめくイタリアの中でも、ローマと並んで旅行者に人気が高い定番の観光都市となっています。石畳が似合うイタリアらしい美しい街並みと、コモ湖など郊外の風光明媚な保養地へ日帰りで行けるというのもこの街の魅力です♪

お問い合わせはこちら

ミラノ [ロンバルディア州]

ミラノの基本情報

人口
130万人
フライト所要時間
概要

イタリア第2の都市で、北部イタリアの経済や商業の中心地。中世のミラノ公国時代には豊かな経済力でルネサンス文化が花開き、ダ・ヴィンチを始めとする芸術家たちが活躍し多くの作品を残した。18世紀末のナポレオン入城以降は繊維産業が発展し、現在のファッションの都としての礎が築かれた。1978年から始まったミラノ・コレクションはパリ・コレクションと並び世界的に有名である。セリエAの2大ビッククラブである「ACミラン」と「インテル・ミラノ」のホームとしても知られている。アルプスに近いため冬はやや寒く、霧の日が多い。

ミラノのドゥオーモと広場

気温 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温(℃) 4.6 8.2 13.2 17.5 21.9 26.1 28.9 27.7 24.3 18.8 10.25 5.4
東京(参考) 9.9 10.4 13.3 18.8 22.8 25.5 29.9 32.1 28.2 21.8 16.9 12.4
平均最低気温(℃) -1.9 0.1 3.3 7.0 11.2 15.0 17.3 16.7 13.5 8.4 3.6 -0.9
東京(参考) 2.5 2.9 5.6 10.7 15.4 19.1 23.0 24.5 21.1 15.4 9.9 5.1
気温 1月 2月 3月 4月 5月 6月
平均最高気温(℃) 4.6 8.2 13.2 17.5 21.9 26.1
東京(参考) 9.9 10.4 13.3 18.8 22.8 25.5
平均最低気温(℃) -1.9 0.1 3.3 7.0 11.2 15.0
東京(参考) 2.5 2.9 5.6 10.7 15.4 19.1
気温 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温(℃) 28.9 27.7 24.3 18.8 10.25 5.4
東京(参考) 29.9 32.1 28.2 21.8 16.9 12.4
平均最低気温(℃) 17.3 16.7 13.5 8.4 3.6 -0.9
東京(参考) 23.0 24.5 21.1 15.4 9.9 5.1
時差
-8時間(イタリアは全て-8時間)サマータイム時は-7時間
言語
イタリア語
空港
マルペンサ国際空港
  →郊外にあるイタリア最大級の国際空港。
リナーテ国際空港
  →都心近くにある国内線と短距離国際線中心の空港。
  • ローマまで直行便で約1時間10分
  • ヴェネツィアまで直行便で55分
  • フィレンツェまで直行便で約1時間10分
  • ナポリまで直行便で約1時間20分
  • パレルモまで直行便で約1時間30分
  • カターニアまで直行便で約1時間45分
  • カリアリまで直行便で約1時間20分
  • パリまで直行便で約1時間30分
  • ロンドンまで直行便で約2時間
鉄道駅
ミラノ中央駅、ポルタ・ガリバルディ駅など
  • ローマまで約4時間30分(ユーロスターイタリア)
  • ヴェネツィアまで約2時間45分(ユーロスターイタリア)
  • フィレンツェまで約2時間45分(ユーロスターイタリア)

カモメツーリストでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

ドゥオーモ

ミラノのシンボルとなっている大聖堂で、イタリアのゴシック建築の最高傑作と讃えられている。1386年に着工され、完成までに500年もかかったという奥行158m、幅93mの巨大さは、教会建築物としてはローマのサン・ピエトロ寺院に次ぐ大きさである。135本の尖塔と2245本聖者の彫像が外装を飾っているが、一番高い頂きは黄金の聖母マリア像で「マドニーナ」と呼ばれている。内部では巨大なステンドグラス、聖カルロ・ボロメオの墓碑、トリフルツィオ家の燭台などを見ることができる。テラスになっている屋上からは晴れた日には遠くアルプスの山々を望むこともできる。

ドゥオーモ
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

1878年に完成したドゥオーモ広場とスカラ広場を結ぶ巨大な十字型のアーケードで、ドゥオーモと並びミラノのシンボルとなっている。名前はイタリア王国の初代国王にちなんで付けられた。ガラスと鉄を使った斬新なデザインのドーム型の美しい屋根と床面のモザイク画が特徴である。十字の交わる四つ角の壁面にはそれぞれヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアの4大陸を表したフレスコ画が描かれている。4階建のアーケード内には高級ファッションブランド店やレストラン、バーなどが入居している。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの最高傑作「最後の晩餐」の名画があることで知られる教会。ドミニコ派の修道院を15世紀半ばにスフォルツァ家が改装したもので、三角屋根のファサードと奥に追加された高い多角ドームの対比が見事である。「最後の晩餐」は教会の左手にある旧修道院食堂の壁に直接描かれており、他の名画のように額縁に入っているものではない。そのため経年による損傷が激しく、これまでに何度も大きな修復を繰り返している。見学も自由にはできず、1回の入場が25人の完全予約制で鑑賞時間は15分と決められている。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
スカラ座

世界最高峰のオペラ劇場の一つとして世界的に有名な場所である。プッチーニ、ヴェルディ、ロッシーニに代表されるイタリア芸術の醍醐味を最高の音響設備で体験できる。スカラ座の名は元々この地にあった教会の名前に由来している。オーストリア皇妃マリア・テレジアの命によりジュゼッペ・ピエルマリーニが設計して1778年に劇場は完成したが、第二次世界大戦で大破され、現在の建物は1984年に再建されたものである。なお、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の向かいにスカラ座の歴史を紹介するスカラ座博物館がある。

スカラ座
ブレラ絵画館

ベネツィア派とロンバルディア派の画家の名画を中心としたイタリア屈指のコレクションを誇る美術館。回廊を取り巻く展示室には年代と流派別に500点以上もの作品が展示されており、ジョバンニ・ベッリーニの「ピエタ」、マンテーニャの「死せるキリスト」、ラファエロの「聖母マリアの結婚」など世界的な名画も多い。建物は1階が美術大学であり、2階が美術館になっている。ナポレオン政権下で整備された美術館であるたけに、中庭にはナポレオン像が立っている。

ブレラ絵画館
スフォルツェスコ城

14世紀にビスコンティ家が建造した城を15世紀にスフォルツァ家が改築して居城としたもの。1辺が200mもある大きな方形のレンガ積みの城郭で、正面の塔の入口にはルネサンスの命君主と言われるスフォルツァ侯爵の彫像が彫られている。現在この城は市立美術館、彫刻美術館、絵画館として使用されており、彫刻美術館にはミケランジェロが死の間際まで彫り続けた未完の大作「ロンダニーニのピエタ」が展示されている。

スフォルツェスコ城

郊外の観光地・名所・見どころ

コモ湖

スイスとの国境に近いアルプスの南山麓にある細長い湖で、湖面の際まで迫る山々の斜面に美しい邸宅が並ぶ風景はまるで絵に描いたような美しさである。北イタリアを代表する風光明媚な保養地として、18世紀以降に王侯貴族の数多くの別荘が建てられた。観光の拠点となるのが湖の南端にある落ち着いたコモの町で、ミラノからは国鉄と私鉄の両方が延びておりどちらでも1時間ほどで行くことができる。コモの町からケーブルカーで登るブルナーテ山の山頂から湖水を眺めたり、遊覧船で湖畔を巡ることもできる。

コモ湖
マッジョーレ湖

コモ湖と同じくスイスとの国境付近にある細長い湖であるが、湖の北の部分はスイス領である。湖畔はイタリア屈指の別荘地として賑わいを見せる。また豪華な高級リゾートホテルも立ち並んでいる。湖にはボッロメオ諸島と呼ばれる島々が浮かんでおり、美しいボッロメオ家の宮殿とイタリア庭園のあるベッラ島や、島全体が植物園となっているマドレ島などがあり、湖畔のストレーザの町から遊覧船渡ることができる。ただし島がオープンしているのは3月下旬から10月下旬までである。

マッジョーレ湖

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

渡航関連サイト

▼渡航関連サイト▼